これは我が家のキャンプブログです。

2014年GWにキャンプデビューした家族のキャンプブログです。 私たち家族が実際に行ったキャンプ場や実際に試したキャンプ道具をご紹介しています。

*

平尾台 キャンプ 「オートキャンプサイト」と「広場サイト(フリーサイト)」を比較した結果@平尾台キャンプ場

      2014/12/31

16604
平尾台キャンプ場でのキャンプは今回で3回目になりますが、今回初めて広場サイト(フリーサイト)を利用してみました。

平尾台キャンプ場を利用する場合、オートキャンプサイト広場サイト(フリーサイト)、そもしくは、バンガローを選択することになります。


各内訳は下記の通りです。

・オートキャンプサイト→9区画
・広場サイト(フリーサイト)→11区画
・バンガロー→2棟

※利用料金などについては下記リンクからご確認ください。

平尾台自然の郷キャンプ施設のご案内

キャンプ場入口から奥に向かって続く道路を挟んで、右側がオートキャンプ9区画となっており、手前から奥に向かって区画が並んでいます。
2014-06-09-22-53-01_deco.jpg
写真右側がキャンプ場入口で赤い線が車の進行方向です。

奥にある緑の〇一つ一つがオートキャンプ区画です。

オートキャンプ区画、区画ごとに車が止めれるスペースがあり、区画の境界線にはが立てられています。

※写真中央にある茶色い建物2棟がバンガローです。

道路とバンガローを挟んで写真手前側が広場サイト(フリーサイト)になっています。

広場サイト(フリーサイト)は、大きな芝生広場であり、区画を分けるはありません。

地面をよく見るとを目印にロープで区画分けされていました。
プライベート空間とう感じはしませんが、ちゃんと区画分けされていますので安心です。
16605

そして今回我が家がお世話になったのが広場サイト(フリーサイト)の「F-11」です。
下記写真のピンクで囲んだ部分が「F-11」になります。
16610

16606

通常、広場サイトを利用する場合は、管理棟の駐車場に車を停めて、管理棟で台車を貸してもらい台車で荷物を運びます。
けれど、今回利用した「F-11」は通りに面しているため、台車を利用する必要がなく通りに車を停めて荷物を降ろすことができました。
16607

16608

また、草そり場を見渡すことができるため、草そりをして遊ぶ子供たちをテントから見守ることができます。
姿と声を確認できますので多少薄暗くなっても安心です。
そのため、いつもよりも長い時間思う存分草そりをして遊ばせてあげることができました。
16609

トイレも近くトイレの入り口が見えますので子供だけで安心してトイレに行かせることができました。

————————————————————————–
【オートキャンプサイトと広場サイト(フリーサイト)比較のまとめ】
(オートキャンプサイト)
車を常にテントの横に置いておくことができるため、荷物の出し入れが楽。
区画ごとに柵があり広場サイトとの間にも道路があるためプライベート感がある。
草そり場を見渡すことができない。※見渡すことができる区画もある。
オートキャンプサイトでは、ボール遊びやバトミントンをするスペースがない。
 そのため、ボール遊びやバトミントンをするのであれば、道路か区画分けされていない場所に行く必要がある。

(広場サイト(フリーサイト)
テントから草そり場を見渡すことができる。
テントのすぐ隣でボール遊びやバトミントンなどすることができる。
区画ごとに柵がないのでプライベート感がない。
昼間はデイキャンプで利用する人がわんさかいるためうるさい^^;
————————————————————————–
以上、平尾台キャンプ場のオートキャンプサイトと広場サイト(フリーサイト)の比較まとめでした♪

参考になりましたら、応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 平尾台キャンプ(福岡県)

  関連記事