これは我が家のキャンプブログです。

2014年GWにキャンプデビューした家族のキャンプブログです。 私たち家族が実際に行ったキャンプ場や実際に試したキャンプ道具をご紹介しています。

*

平尾台 公園 「ゆ~ゆ~広場」と「のびのび広場」は何度行っても楽しめる公園です。

      2015/01/01

15030
平尾台自然の郷キャンプ場にこれまで三度訪れていますが、その度にとてもお世話になっているのが、キャンプ場と同じく平尾台自然の郷(ひらおだいしぜんのさと)内にあるゆ~遊広場と呼ばれる公園です。


ゆ~遊広場に到着するとまずはこれです。
15041
白い部分はゴムでできていて少し固めのトランポリンのようで、中央に向かって坂になっています。
子供たちはこの上をぐるぐると走って回ります。

次にこちら。
15037
こちらは網でできたトランポリン?です。
網の目は細かく網自体も太く安定感があるため小さい子供でも安心して遊ばせることができます。
3歳くらいであれば親の手は取らずに遊べると思います。

続いてこちら。
15038
たまごです。
15039
地下で隣のたまごと繋がっていて中で隣のたまごとお話することができます。
15040
大人がこの中に入ろうと思うと一苦労ですが、毎回子供たちからの要望で私も入っています(^-^;

また、九州随一のカルスト台地にある公園らしい作りがこちら。
15036
白い岩がところどころにあり小高い丘があります。
その段差を利用して掘られたトンネルです。
15035
地面の中を通るトンネルが公園内2ヵ所にありますが、トンネルの中は薄暗く急な坂になっていたりしますので子供たちにはたまりません。

そして、残念なものがこちらの滑り台
15032
何が残念かと言うと、全く滑りません!
15033
滑り台なのに滑りません(^-^;

また、ゆ~遊広場に隣接してのびのび広場と呼ばれる芝生広場があります。
15034
こちらののびのび広場では、ボール遊びバドミントンをする家族連れを多く見かけました。
15031

そんなこんなで、小さい子供から小学生まで楽しく遊べる公園だと思います。
キャンプ場の草そりと同じくらいキャンプにくるとこの公園で遊んでいます。

最後に注意点が一つ。

ベンチと屋根みたいなものはあるのですが、朝も昼も夕方も日陰になりません。
日陰になったとしてもほんのわずかなスペースですので日傘などの紫外線対策は必須です。
多く子供連れの方が隣接する芝生広場に簡易テントを設置して子供たちを遊ばせていました。

以上、平尾台自然の郷にある公園レビューでした。

参考になりましたら、応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 公園, 平尾台キャンプ(福岡県)

  関連記事