これは我が家のキャンプブログです。

2014年GWにキャンプデビューした家族のキャンプブログです。 私たち家族が実際に行ったキャンプ場や実際に試したキャンプ道具をご紹介しています。

*

大野城いこいの森 キャンプ場 「デッキテントサイト」はこんな場所でした。Vol.1

      2014/12/30

IMG_20140614_151316.jpg
H26.6.14~15で行ってきました。
5月のGWにテントデビューをした我が家ですが、早くも4度目のキャンプです。

行ってきたのは「大野城いこいの森 キャンプ場」です。


IMG_20140614_151815.jpg
管理事務所です。
車で登ってくると右側に現れるのがこの管理事務所です。
駐車場に車を止めたらここで受付を済ませます。

IMG_20140614_163900.jpg
※駐車場代が210円かかります。
※駐車場は管理事務所真向かいの用品貸出センターの裏もしくは横にあります。

IMG_20140614_151840.jpg
管理事務所の真向かいにあるのが用品貸出センターです。

サッカーボールなどの子供のおもちゃがあったのが印象的でした。
レンタル品およびレンタル料金についてはこちら

IMG_20140614_151945.jpg
キャンプ場内の地図です。
思っていた以上に広いです。

そして初めて経験したのがこちらです。
IMG_20140614_151918.jpg
リアカーです。
こちらのキャンプ場では、キャンプサイトまで車で入っていくことができません。

そのため、駐車場からキャンプ場までこのリアカーを使ってキャンプ道具をキャンプサイトまで運ばなければなりません。
IMG_20140614_152725.jpg
一度ですべての荷物を運ぼうとした我が家。

IMG_20140614_152818.jpg
駐車場から私たちが泊まったデッキサイトまで坂道になっていたため、
それほど距離はないのですがとにかく重たくて子供たちと一緒にリアカーの後ろを中腰で押した私の足はがくがくでした。。

そして到着したのがこの日お世話になるデッキテントサイトです。
IMG_20140615_113926.jpg

【デッキテントサイト】
IMG_20140614_153021.jpg
初めての屋根ありそして、テーブル&椅子ありです。

夏休みなどには常設テントを設置しているようですがオフシーズン?には持ち込みテントを設置できるようなっているようです。

【炊事棟】
IMG_20140614_162143.jpg
デッキテントサイト内に2箇所ありました。

IMG_20140614_162201.jpg
薪を使ってここで調理することもできます。

IMG_20140614_162230.jpg
洗い場です。
食器用洗剤スポンジたわしが設置してありました。
※分かりずらいですが写真上参照。

ちょうど食器用洗剤とスポンジを忘れていたため本当に助かりました。

IMG_20140615_113326.jpg
ゴミも捨てて帰れるようになっています。

IMG_20140615_113342.jpg
薪を捨てるバケツも用意されていました。
炊事棟内のこん炉で薪を使用して調理した場合にも安心ですね。

【ゴミ捨て場】
IMG_20140615_113513.jpg
デッキテントサイト内に一か所ありました。

燃えるごみ専用のゴミ捨て場です。
受付時に燃えるごみ専用の袋を2枚もらえますので、燃えるごみはその袋に入れてこのゴミ捨て場に捨てて帰ります。至れり尽くせりでとても助かりました。

【トイレ】
IMG_20140614_163539.jpg
デッキテントサイト内に1箇所ありました。
洋式1室に和式2室(※女子トイレ)です。

野外のトイレとは思えないほどとても清潔感があり臭いもありませんでした。

【お風呂】
2014-06-15-22-01-56_deco.jpg
お風呂は管理事務所内にありました。
裏の入口から入って行きます。

IMG_20140614_192900.jpg
料金はこの通りです。

IMG_20140614_193045.jpg
女性用お風呂の入口です。

IMG_20140614_193143.jpg
脱衣所です。

IMG_20140614_193208.jpg
浴室です。

清潔感・・・です。
有料ならもう少し綺麗にしていて欲しいなと思いました。

脱衣所の籠の数に対してシャワーが5つでした。
正直狭いです。

二人の子供を連れて入りましたが、他に大人1人と子供一人いらっしゃいました。

これ以上は入れないと思ったため、誰かほかの方が入ってくる前に上がらなければと思い急いでお風呂を済ませました。
シャンプーボディソープも常備してありましたが、これなら個室のシャワールームの方がいいと感じました。

★施設全般についての私の感想★
料金が安い。
 デッキテントサイトの利用料は宿泊で1,080円です。
 ※利用時間:14:00-翌日の12:00
 家族全員分の入場料1,070円を合わせてもわずか2,150円です。
 ※入場料内訳:大人2名(430*2)+小中学生1名(210)+未就学児は無料

 ここに駐車代の210円とお風呂代を足しても家族5人で3,000円かかりません。

 この料金の安さはとても魅力的です。

駐車場からキャンプサイトまで車で行けません。
 そのため、駐車場からキャンプサイトまでリアカーを借りてキャンプ道具を運ぶのですが
 これがとても大変でした。
 私たちが宿泊したデッキテントサイトファミリーテントサイトなどに比べても
 駐車場からそう遠くはありませんが、それでも坂道をリアカーを押しながら登るのは
 大変でした。。
 二度手間にはなりますが、荷物を一度で運ばず2度に分けた方が楽かもしれません。

草スキー場が遠い。しかも、有料。
 草スキー場が遠いです。私たちが宿泊したデッキテントサイトからはとても7歳と4歳の子供だけで
 行かせることはできませんでした。
 デッキテントサイトやフリーテントサイトからスキー場に行こうと思ったら、駐車場を挟みますので
 子供だけで行かせるのは不安です。

 また、草スキーは有料で210円/時かかります。また、草そりの持ち込み不可
 ただし、未就学児は無料です。

 結局今回、草スキー場には行きませんでした。

子どもを遊ばせる場所が以外と少ない。
 キャンプサイトに居ながらにして目の届く範囲内に子供たちを遊ばせる場所があったら
 よかったと思います。
 ターザン小さな公園が近くにありましたが、結局うちの子供たちは、テント前でタケコプター
 して遊んでいました。
 とっても楽しそうに遊んでいたので満足していますが^^
 

———————————————————————————————

近場であることとこの料金の安さはやはり魅力的ですのでまた行くことになりそうです。

その時は、今回時間がなくなってしまって行けなかった草スキー場にまずは遊びに行きたいと思っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
大野城いこいの森 キャンプ場
住所: 福岡県大野城市大字牛頸667-58
TEL:092-595-2110
   ※受付時間 9:00~17:00(毎週月曜日は休園、但し7・8月は除く)
HP:http://onojo-ikoi.jp/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

参考になりましたら、応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - キャンプ場, 大野城いこいの森 (福岡県)

  関連記事